折り畳み式のテーブルと椅子の歴史

- Dec 28, 2017-

何世紀にも折りたたみ椅子を持って長く考慮された 1 つの家具の最も重要な部分と社会的地位の象徴。古代文明で折りたたみ椅子は、様々 な冠婚葬祭や儀式に使用されますが、座る人のためだけではありません。時間は常に移り変わり、折り畳み椅子は常に権力の象徴を伴います。

エジプトの折りたたみ椅子を一緒にギリシャやエトルリア (古代中央および西部イタリア) のそれに続く折りたたみ椅子折りたたみチェアその後のローマのプロトタイプになった。ローマ共和国の間に sellacurulis の椅子は広く民事法廷で現われ始めた。"Sellacurulis"ローマのカロリング朝の"faldistorium"にランゴバルド族の「sellaplicatilis」に、形態の変化を見出すことができます。、椅子の両側に渡った椅子の足で椅子の前でまっすぐ進んでください。これは交差を強調する"X"構造は、力のシンボルを示しています。最良の例は、Franconians 王ダゴベルト I. 前ルネサンスの座席、折り畳み椅子の類型が登場しました。Faldistorium の文字を継承する 16 世紀 Sediadellaforbice 椅子 (はさみ椅子) が見つかりました。2 つの主な違いは、: the'chairofpetrarca 'と the'sediaatenaglia' the'Savonarola の継承 'と the'dantesca' と椅子の側面に彼らの椅子の足を交差しています。バロック式の期間の間にあぐらの足を含まれている椅子はしなかった除外の X 形シンボルのルイ 16 世時代にルイ 14 世の時に特に、ないフォールド。ナポレオンの戦場シート」によって肘掛け椅子」は、古いフランス語「faldestoel」、ラテン語"faldistorium"に由来から派生した語源的

開発の折りたたみ椅子以来折りたたみ椅子自体となっている人気のある席の人々 のため、フォームと職人技の増殖があった。また折りたたみの椅子に力と尊厳のあまりにも多くの記号が含まれていないためには、新機能や新しいデザインの開発にそれを導いたとも。19 世紀の終わりには、折りたたみ椅子まかす、実用的なデザイン、リビングの様々 な形態がさまざまな目的に使用できます。折りたたみ椅子軍の使用の長い歴史があります。それは簡単なコンパクトな外観と耐久性のある機能を持つ知り合いが必要です。美学をしだしたら、それの思い出がある人。しかし、美しく設計されてことがないです。古いフランス語の「faldestoel」から名前ナポレオンの椅子によって肘掛け椅子に由来するラテン語「faldistorium」威厳と高貴な意味で、過去の折りたたみ椅子の名前とナポレオンの椅子」によって肘掛け椅子」はエグゼクティブ シート名前をされているとあります。世界特許の数万人は、折りたたみ椅子について斬新なアイデアです。デザイナー、発明家、そして普通の職人は入れシートの設計の彼らのエネルギー

テズリン湖の折り畳みテーブルと椅子

テズリン湖の折り畳みテーブルと椅子

、それは折りたたみ、調整の椅子の慰めの非常に多くを焦点を合わせるが、すべての大量生産された椅子は、手の込んだデザイン。折りたたみ式ポータブル製品が増えてと業界は天候および気候のすべての条件に合うように布張りの家具を作るに最小、最軽量の部品を生産します。人々 は、スポーツ イベントなどキャンプ、ビーチ レクリエーションで別の折りたたみ椅子を見ることができます。それは、すべての習慣やニーズに合った椅子です。映画館、劇場、学校机と椅子、折りたたみ椅子を使用ことができます.基本的な座席を作成する主な目的は、短い休憩を簡単に (、折り畳んで収納) を提供することです。折りたたみ椅子家具の不可欠な一部となっています。最も近代的な折りたたみ椅子は、広範な社会調査と技術的な議論の後設計されていた: 折り畳み式の椅子の設計が 1965年間繁栄し始めたドイツ バウハウスの理論を工業化 (ワイヤ) 後、75。